12038■■サード('78日本)

サード [DVD]

サード [DVD]

監督:東陽一
出演:永島敏行、吉田次昭、森下愛子、志方亜紀子、島倉千代子内藤武敏

軒上泊の「九月の町」の映画化。ATGらしさ満開で、親しみやすさもあり。サードというあだ名の少年院生が、「新聞部」、「2B」、「テニス部」と過去の仕事を回想するシーンと、少年院での日々が語られる。九月の町のイメージが強烈(海なんてないはずなのに、海に入って行く祭りの神輿、太腿から血を流した(おそらくは処女を失った事の隠喩)浴衣の少女など、脚本の寺山修二っぽさも出てる)。森下愛子のヌードばかりがクローズアップされるけど志方もいい。

原作は軒上泊の『九月の街』で、これを寺山修司が脚色しているが、でき上がった脚本はほとんどオリジナルといってもいいほどの斬新さを見せている。このシナリオにもとづいて「もう頬づえはつかない」の東陽一が演出。高校野球部の三塁手として活躍していたサード、数学 IIBが得意な IIB、新聞部とテニス部の女の子二人。この4人が、“どこか大きな町へ行こう”ということになり、そのためには金が必要だと、売春を始める。最初は順調に行ったが、ヤクザに引っかかり、サードは傷害事件を起こして少年院に入れられることに。4人の少年少女の生きる姿を東陽一と川上皓市のコンビがみずみずしく描き、新鮮な味わいの傑作にしている。もちろん脚本・寺山修司の功績も忘れてはならない。