keep#3

■Please Don't Keep Me Wondering / Snafu
スナフーの最終作「All Funked Up」('75)は、WWAの閉鎖に伴いCapitolに移ってリリースされております。好きな事をやってきたんだけど、全然売れなくてさすがに心も折れた、とミッキー・ムーディーは後に語っておりましたが、サザンロックとファンクをミックスさせた英ロックなんて当時はなかなか評価されないですよね。オープニングは”Please Don't Keep Me Wondering”で、オールマン・ブラザーズ・バンドのカヴァー。なんともいえない中道な感じに惹かれます。ピート・ソリーが辞めて、ジャクソン・ハイツのブライアン・チャットン(kb)が参加。