【ウィンウッドの50曲】22・No Name No Face No Number

重厚なメロトロンも聞かれ、アコギで始まる展開も含めトラフィックで一番プログレ色が濃い曲かもしれません。わかりやすいサイケデリックポップなデビュー作「Mr.Fantasy」('67)に入ったもの。サムネの画像は米盤LPでメイスン脱退に伴いジャケットからも消されています(曲目もメイスンのものは外されてます)。おまけに当初は「Heaven Is On My Mind」と言うタイトルでした。

https://www.youtube.com/watch?v=pbVo5LlmrJY