■■シャーロック・ホームズの冒険(’70米)

監督:ビリー・ワイルダー
出演:ロバート・スティーヴンス、コリン・ブレイクリー、ジェヌヴィエーヴ・パージュ

ワイルダー作品としては評価が低いんでしたっけ。長い事見られなかったホームズもの、今ではDVD化されてます。当初は4時間を超える大作だったらしいけど編集されて2つのエピソードを残すまでになったとか。ネッシー(実は潜水艦)まで出てくる幅広い仕掛けは結構面白い。それでも黄金の50'sと比べるのは可哀そうですけど、60'sの作品と比べてもワイルダーらしくないというか、下降線に入ってる事がしっかりわかってしまって、以後の作品を知ってると余計もの悲しい1作かもしれません。ジェヌヴィエーヴ・パージュってこの作品しか知りませんね。こびとという言葉が使えないのか、ミジェッツ(midgets)という単語をこれで知りました(大昔見た深夜TV吹き替えではどうだったか忘れた)。ホームズの兄を演じたクリストファー・リーは、独映画で弟も演じてるんで、兄弟ホームズを演じた唯一の俳優(wikiより)とか。スコットランドの風景が古式ゆかしい感じでなごみます。邦訳は「シャーロック・ホームズの優雅な生活」(創元推理文庫)でした(M&M・ハードウィック作)。