稚魚

WC023★★★MINNOWS−Marc Benno ('71)

雑魚(紙ジャケット仕様)

雑魚(紙ジャケット仕様)

テキサス出身のマーク・ベノは、60'sにリオン・ラッセルとアサイラムクワイアを組んでいたgtr,sswです。アサイラムクワイアはヴァン・ダイク・パークス的な世界観の「つくりもの的」虚構の世界を描いたもので、僕はそれほど面白いとは思いませんでした。クワイア解散後地元に帰っていたベノを、再びLAへ呼び戻したのはリタ・クーリッジだといいます。彼女の口利きでA&Mとソロ契約をしたベノは、デイヴィッド・アンダールのprodで70年にデビュー。LAスワンプの傑作と名高い2枚目「Minnows」です。

ジェリー・マギー、ジェシエド・デイヴィス、ボビー・ウーマッククラレンス・ホワイトというゲストgtrの参加が話題となったこのアルバムは、基本線は南部のブルーズですが、意外にも繊細なイメージ。泣きの名曲”Speak Your Mind”含むA面の出来が素晴らしいです。
カモフラージュ・プロダクションによるジャケットも印象的。

原盤 A&M:SP4303 71年3月リリース。